fishing event

【仕事帰りにチョコっと釣りへ ~ 海水編 ~アジング 】

[開催日] 2020/08/26

仕事が終わってから、少しだけアジングでアジを狙いに関西空港の先の漁港まで行ってきました。
グランフロントの店舗を閉めてからなので、9時半から竿を出せましたが、
この日は、夕方ごろに雨が降ったためか海が濁っていてゴミも多く、アジの食いが渋かたのですが
試行錯誤しながら粘っていたら、朝日が出る4時過ぎに。。
キレイな赤い空にうっとり。。一気に眠気が襲ってきましたが。。。さて、お魚さんに出会えたかというと。..。最後はなかなかの釣果でした!



初めはなかなか釣れず、なんでかなあ? 
1gのアジング用のジグヘッドの重さを変えたり、アジングワームの色を変えたり試行錯誤。。
実は3週間前にも来て、同じ場所でアジングをやったのですが、その時はこのやり方でたくさん釣れたので、今回も意気揚々とまた来てしまったのですが。ウンともスンとも海は言ってくれません。海の表情がなんか全然違うように感じます。
 そこから、このままではアカンと、釣り方を変えることに。フロートリグという10gほどの重さのあるウキを使っての釣り方に変更して、遠目のエリアに魚がいないかと投げ込んでみると! アジのアタリが炸裂しました!この時は、アジングロッドは柔らかすぎるので、バスロッドのExpride 267 L+の10gでも投げれるロッドに持ち替えて、遠くに投げてゆっくり巻き上げてくる最中に‘ツンツン`というアジの特有のアタリがきます。
ずっとアタリが続いて結果的には、30匹ほどゲットしました。 先月よりも全体的に大きくなってきてるように感じます。


アジは、その日の晩にあじ南蛮(夏野菜風)に
捌くのはまだまだ苦手で、キレイに裁けないのですが、なんとか3枚に卸していき、
パプリカ(赤・黄色)と夏らしくゴーヤを軽く油通しして、アジも揚げて、3杯酢にしたしたら出来上がり。
とてもおいしくできました。 また次もこれですね! 


せっかくなので、刺身で食べようとキレイに卸そうとしたが、失敗しこの日は、冷蔵庫にあるモノで‘なめろう`に。 アジは子骨もキレイに取り除いて、味噌(ふつうの味噌汁用)とミョウガと黒くなりかけてた大葉と塩を少々、最後にごま油を少し入れて出来上がり。 
作り方はまったく知らずやったのですが、これがイケました!お酒にすごく合います! でも、次回は刺身に裁けるように練習して挑みます!


途中、連れ出す前に足元をエビでつんつんやると、カニがついてきたのでサッとスクえました。
後ろ足がワタリガニみたいだったので、これは美味なはずと家に帰ってからその日の昼食に。みそ汁にしたら出しがすごく出て美味しかったです。ちなみに、イシガニという小型のカニでした。



【手軽にできる釣りは気持ちのリフレッシュに】 


元々 マウンテンバイク好きで入ったシマノという会社ですが、ここ最近は釣りの楽しさに少しずつ魅かれてきています。自然の中に1本の杭のように立ち、竿を持ちながらジーっと釣るのですが、最初の頃はよく、ラインが絡まったり、針が服にささったりとなかなか思い通りにならなくてイライラするとドツボにはまることが多かったです。慣れてくると、うまくいかないときこそ、落ち着いて一つ一つの所作を続けていくと自分のペースで釣れだすようになりました。
何故か、仕事や家庭での自分を顧みることもしてて、気持ちの整理ができるような気がします。
相手が自然なので、攻略してやろうとおこがましいことを思わずに、自然の中に同化して静かに竿を振り続けることが、リフレッシュすることになってると感じています。

また、魚を毎回どうやって食べようかなーと、考えるのが楽しくてハマってきました。捌き方が下手なので、まだまだ練習中なのが課題です。。


【今回のソルトフィッシングの情報】


「アジング:Soare」
 リールはSoare BB SoareS2000HG。ロッドは Soare BB S64UL-S アジの小さなアタリをとるのに、ジグヘッド1gくらいの軽さ仕掛けにはこのSoareアジングロッドは良いですね。
 フロートリグの方は、最近バス用に新調したExpride 267 L+に、Stradic CI4 S2500の組み合わせでやってみましたが、なんとかいけました。もう少しアタリとりやすいアジングロッドの強めの竿を次は使いたいですね。 

今回、アジを釣り上げてから運んでいる最中に口が切れてボトンと落とすことが5回くらいありました、、これは悔しいです。袋を近くに置いたりしたのですがスムーズにいかず、次回は対策をして挑みます。