fishing event

ナレッジキャピタル・ワークショップフェス2019春

[開催日] 2019/03/16


今春も、とびきり元気な小学3~6年生がシマノスクエアに集まってくれました。
親子一緒にルアー釣りを学ぶ本講座は、クイズと体験、マイルアー作りという内容で、おかげ様で満員御礼でした。

「ルアー」って なんだろう?
えさに似させた「疑似餌(ぎじえ)」と言われるものです。

「エサ釣り」は、釣りをする時に、魚が好きなエサをハリに付けて釣ります。
「ルアー釣り」は、エサを付けるのでなく、魚が泳いでいるように見せて、エサと間違えて食べさせる釣り方です。

ルアーは、約200年前にアメリカの少年がエサ釣りをしていた時、たまたま水中に落とした「あるもの」をきっかけにルアーができたとされています。
   
さて、何を落としたのかな~?クイズのスタートです!

みんな、思い思いに手を挙げて発言し、自信を持って正解!
知らない問題でも、みんな一つ勉強になりました。
子供たちの方がよく知っていて、大人も驚きです。


実際に、色々なルアーも手で触ってみました。
初めて見る大きなルアー、触ったことのないルアー、プルンプルンしたルアーに大はしゃぎ!
「ワームが伸びて、おもしろい!」みんなの笑顔が広がります。
  
次に、魚の名前当てクイズや、魚に合わせたルアー当てクイズでは、男の子、女の子関わらず、みんな魚について本当によく知っています!
・・・色々な魚の名前が出てきました。
子供たちの知識の高さに、またまたスタッフも驚かされました。

後半は、ワークショップ一番のお楽しみの“ルアーづくり体験”です!!

魚の気持ちになって、特別な自分だけのルアーの色を丁寧に重ねていきます。
「私なら、このルアーを食べるなぁ」という気持ちを大切にね。と講師の声。

光に当ててみたり、タイトルを付けてみたり、どこに付けようかな。
キラキラしたシールを貼って、ストラップをかけて~


お子様の集中力に、横で見ておられるお母様もいつもと違う一面が見られたようです。
自分自身でルアーを作る貴重な体験です。

お子様それぞれがこだわった世界に一つだけの、自分だけの「オリジナルルアー」ができあがり!!
「ルアーが可愛くできて、とても楽しかった!」

色を塗ったら、オリジナルの名前も付けてみよう~!


「カラフルルアー」「オムライス」「するめいか」・・・
「銀河鉄道333」「JR東日本普通電車」・・・

言われてみれば確かに、そう見えますね!
みんなの創造力で、デザインされたカラフルなルアーたち、今にも泳ぎだしそう!



みんな一体となって、盛り上がりました!!
講師二人が面白く、楽しく掛け合いながら、大盛り上がり!
お子様同志の会話も弾み、ルアー釣りの世界がさらに広がったようです。
もうみんなはすっかり立派なアングラーですね!

最後にみなさんの感想は、
「釣りって楽しい!面白い!やってみたい!」
「マイルアーで何が釣りたい!」というお子様の率直な真っ直ぐなお声。

「今日の様子を見て、早速釣りに連れて行ってあげたいと思いました」
「釣りのイベントに参加したいです!」というお母様のお声。

今回の2019春のワークショップフェスを通して、さらに釣りの世界につながりましたら、講師・スタッフ一同、うれしく思います。

お忙しい中、親子でご参加くださいました皆様、ありがとうございました。
今後とも、皆様のご期待に添えるイベントを開催していきたいと思います。
これからのお子様の釣りの世界がどんどん楽しいものになりますように。

講師 (株)シマノ  ルアー、リール企画担当2名