fishing event

グレ釣りステップアップ講座

[開催日] 2018/11/11

大自然の中で 静かに感覚を研ぎ澄ます-。

11月のフィッシングイベントは、磯釣りファンに贈る【グレ釣りステップアップ講座】
という事で、シマノスクエアでは初めての “中級編(経験者向け)講座” を開催致しました。

今回は、リール企画・ロッド企画の釣りコンシェルジュに加え
2016年「シマノジャパンカップグレ」の優勝者(現在最年少記録!)という 磯釣りのエキスパート3名を講師に迎え、
トークはもちろん、体験・体感コーナーなども交えて 様々な角度から磯釣りのレベルアップを図ります。


プログラムは大まかに分けて4部構成。

①ライバルに差をつけろ!グレ釣りステップアップ座学
②私の仕掛けづくり!(糸結び体験)
③意外と知らない?何で竿ってこんなに種類があるの?(シマノ磯竿体験)
④質疑応答

開始時刻の13時になり、
講師の挨拶・自己紹介と共に、早速第1部のスタートです!



“座学” と言っても、講師の話をただ聞いているだけではありません。
何と言っても今回は「中級編」。皆さま普段から磯釣りをされている方ばかりです!
ここは講師としても釣り人としても 色んなお話、ご意見をお伺いしたいところ・・・

という事で、
「こんな時、あなたならどこに構えますか?」「あなたならどうしますか?」etc..

説明の随所に質問を挟み、講義はお客様参加型形式で進んでいきます。



「自分はこうしています!」「○○だと思います」「こういう風にしている事が多いです!」etc..
さすがは皆様、どんな質問が来ようとも、スラスラ サラサラと答えが出てきます。

その後も、
“ラインメンディングについて” “エサ取りの種類の見極め方” “プラスαの釣果方法” 等、講師の経験に基づいた熱い解説は続き、

『ウキの浮力をシビアに調整する事(ウキには残存浮力と呼ばれる号数以外の余剰な浮力が残っている)』
『撒き餌の後打ち・先打ちを使い分ける事(潮が緩い場合と早い場合で付けエサの入り方を比較)』

・・・等
時間と共に講義内容もどんどん深く具体的になっていきます。


そして説明はひと段落。

講座は第2部 【仕掛けづくり体験】へと進みます。

今回は、「外掛け結び」「エイトノット」を より速く・より強く結べるように練習していきます。
(参加者全員にラインが配られ、イベントは突然 “ラインの結び方教室” に・・・!)

『ラインは前に沢山ありますので、皆さん好きなだけ使って練習して下さいね!』と声を掛けながら、
講師達は ラインの結び方・締め方の“コツ”を ひとりひとりに伝授していきます。

「良いですね!」「これは抜けちゃいそうですね」「もう少しヒゲを残してあげた方が良いですよ!」「もうキャリアを感じますね。これは間違いないです!」etc..
自然と会話も弾みます。


..★講師のひと言ポイント★..
外掛け結びは、必ずハリと本線を引っ張るようにしましょう!


全員が一通りのコツを掴んだ所で、
講座は第3部【なぜこんなに竿の種類があるの?】へと移り変わります。

まずは 竿の調子 について。
巨大スクリーンを見ながら、「合わせの効き」「障害物の回避性」「クッション性」「操作性」等をしっかりと学んでいきます。



そして更に・・・

今回はスペシャルフィッシングイベント、という事で
今季発売の磯竿「プロテック(胴調子)」と、フラッグシップモデルの「イソリミテッド(基本調子)」がシマノスクエアに登場しました!

実際に2本の磯竿を曲げて、調子の違いや感覚を体感して頂きます。
(かわいい4才の女の子もお父様と一緒にチャレンジです!)


全員の順番が回り、第3部の終わりは
リール企画の講師による【SUTブレーキシステム】の説明です。

シマノの磯リール(BB‐Xテクニウム・BB-Xハイパーフォース)に搭載されている “SUTブレーキ”。
今回は その性能やメリットをお伝えすると共に、フィッシングシュミレーターを使って 実際にその感覚を確かめて頂きました!


それぞれの感想を胸に、
講座はいよいよ第4部【質疑応答コーナ】へと向かいます。


ご参加の皆様からはメンテナンスに関するご質問が相次ぎ、
「グレ釣りステップアップ講座」は、ひととき 「メンテナンス講座」に早変わり!!
(お客様からのご質問、講師の説明は止まりません!)


あっという間の2時間。

時刻は終了時間の15時となり、少しの名残惜しさを残しつつ
講師の最後の挨拶と共に「グレ釣りステップアップ講座」は終了しました。


磯釣りを愛し、ステップアップを目指す皆様の瞳は、まるでアスリートのように静かに熱く輝いていて
その力強い眼差しが、“磯釣り” という世界をそのまま映し出し 物語っているように思えました。

イベントにご参加下さいました皆様、
お忙しい中、シマノスクエアにお越し下さいまして本当にありがとうございました!


皆様にとっての磯釣りが より一層深く素晴らしいものになりますようにと、願いを込めて・・・*