cycle event

【ラボ】 トレッキングバイク / Trekking Bike 

[開催日] 2019/01/01

トレッキングバイクで使われるコンポーネントとは、どういう特徴があるのでしょうか?
Features of Trekkingbike and the components.


【 カテゴリー展示 / Bike Category 】

「 トレッキングバイク / Trekking Bike 」


トレッキングバイクの特徴


トレッキングバイクとは、ヨーロッパでよく見かける万能な自転車です。通勤・お買い物からバカンスでのサイクリングまでこなす、SUVのようなもの。ライト・泥除け・キャリアが付き、アルプスの坂道も上り下りできる幅広いギア比をもっています。前輪のハブダイナモが発電し、乗るだけでライトが点灯するようになっています。
モデルによっては、サスペンションが装備されたオフロードよりのものや、ロードバイクに近いオンロードよりのものもあります。ヨーロッパの風土に合わせて多様な進化をしつつ、人々の生活に欠かせないツールになっています。


コンポーネントの特徴


基本機能はマウンテンバイクから来ており、それに近い耐久性があります。
舗装路で使われることが多いので、それにあわせてチューニングされています。
変速には、山・街・下りの状況にあわせてフロント3段あり、一定の踏み心地を保てるようにリア8~11段のギアがついています。チェーンリングやチェーンにガードがついて、日常でもチェーンでズボンが汚れるようなトラブルもありません。ブレーキも初心者や年配の方でも、操作しやすいようレバーを長くし、効きすぎないようにブレーキ力を抑えています。
マウンテンバイクからくる耐久性・操作性を備え、舗装路でも使いやすいギア、トラブルが少ない配慮がなされた万能なコンポと言えます。


シマノのラインナップはこちら


▶ ヴァーチャル・ラボへ戻る
▶ Virtual Lab