cycle event

【ラボ】 マウンテンバイク用コンポーネント MTB components

[開催日] 2020/10/25

マウンテンバイクで使われるコンポーネントとは、どういう特徴があるのでしょうか?
Features of mountainbike and the components


マウンテンバイクの特徴

山野を駆け巡るマウンテンバイクは進化し続けています。
荒れた路面でもグリップするブロックタイヤ。衝撃吸収性に優れつつペダリングのロスがないサスペンション。上り下りが無限に変化する地形に合わせてサドル高さを自在に変えられるシートポスト。こうした標準装備が、悪路走行を助けます。
Mountain biking continues to evolve.
Block tires that grip even on rough roads. Suspensions with excellent shock absorption but no pedaling loss. A seatpost that allows you to freely change the saddle height according to the terrain where the ascent and descent changes infinitely.Standard equipment like this helps riding in the trail.

コンポーネントの特徴

変速には、きつい坂道を登れる十分軽いギア比が求められます。
また変化する地形に合わせて、素早く簡単に変速し走破できるように、変速操作もシンプルにしたい。そのためリア12段のワイドなカセットスプロケットを採用しています。荒れた路面を走行中でも安定して駆動・変速ができるようにチェーンスタビライザーがリア変速機に内蔵されています。
Gear shifting requires a light enough gear ratio to climb a tight slope.
I also want to simplify the gear shifting operation so that I can change gears quickly and easily according to changing terrain. Therefore, a wide cassette sprocket with 12 rear stages is used. A chain stabilizer is built into the rear transmission to enable stable driving and shifting even when traveling on rough roads.

ブレーキには、優れたパワーとコントロール性能が求められます。
曲がりくねった荒れた下りで、滑らず即座にブレーキをかけれるように、レスポンスの良い油圧ディスクブレーキを採用しています。大型のディスクローターで、長い下り坂でも指が疲れることなく安定してブレーキをかけることができます。
Brake requires excellent power and control performance.
We have adopted a responsive hydraulic disc brake so that you can apply the brakes immediately without slipping on a winding rough descent. With a large disc rotor, you can brake stably on long downhills without getting tired.


シマノのラインナップはこちら

展示解説トップへ
Exibitions TOP